意外と真実を知らない舌の使い方!あなたの周りに猫舌の人はいますか? 猫舌の一発解消術の伝授です!

 昨日、NHKのあさイチを見ていたら、”舌”に関する興味深い内容がたくさんあった。
なかでも、「猫舌」の話には驚いた! 確かに猫舌とは? 舌の構造がどう違うのか? あまり深く考えたことが無かった。子供は猫舌で、大人になると解消すると考えていたが、大人でも猫舌の人がテレビに出てビックリ! なんと目の前で、一発で、猫舌が解消です! 猫舌は舌そのものの構造などとは無関係で、人間の舌は皆同じで誰でも猫舌にもなるし、解消することも出来るのです。 つまり、舌の使い方の問題だったのです。
 熱いのを感じるのは、舌の先端部分です。 舌で熱いかどうかを調べるのは、猫舌の人は、姿勢も前屈みのあごを下げた状態で、舌先が完全に熱い飲み物に接する。 これでは、舌先が熱いと判定した上に、飲むにも舌先を通過しなければならないので、拒絶反応となる。
 一方、猫舌で無い人は、熱いのを飲む時は、顔は水平で、舌先は前歯の下に当てて、舌先は使わずに、舌の中ほどに一気に流し込むので、熱さを感じないのです。
 これだけの事で、猫舌は解消できるのです。実際に、猫舌の大人の当人に試したところ、一発で猫舌解消という訳です。 もちろん、熱すぎるのを飲むと火傷のキケンがあるので、50度ぐらいのお湯でトライでした。
 猫は、舌先をペロペロと出して、飲みますネ。舌先が完全に飲み物に接するので、納得の猫舌でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック