褐色脂肪細胞とは?脂肪を燃やすことが出来る!?体温の向上に免疫アップも可能!?

 ごく当たり前のことだが、体温を維持する体の仕組みは解っているかな?なぜ体温は37℃なのか?人は体温がほとんど変化しない恒温動物。健康的な人の平熱は36.5~37.1度。1日のうちの体温変化は、ほぼ1℃以内におさまるのが普通です。人はエネルギーの75%以上を体温維持に使っている。食べ物からの栄養をエネルギーに変えて発生する熱が体温の源である。このように発生した熱によって暖められた血液等の体液が血管などを通じて全身に循環することで人は熱を保っている。人が寒い戸外に出て寒いと感じるとき、その情報は神経を 通って、脳の中にある「視床下部」に伝えられ、そこで温度に関する情報処理が行われます。そして視床下部から指令が出され、神経を通って皮膚に伝えられることで、皮膚の血管が細くなり、皮膚から逃げる熱が少なくなります。寒いときに顔色が青く見えるのは、皮膚に運ばれる血液が少なくなっているからです。視床下部は、体じゅうの温度をリモコンでコントロールしている。寒いときに体が震えるのは、筋肉を動かして体温を上げるため。また寒いとき汗腺は閉じますが、逆に暑いときは、汗をかいて皮膚表面をぬらし、熱を逃がして体温を下げる。これらの体温調節反応は、視床下部からの指令によって行われている。35℃以下になると軽度の低体温症となり、30 - 25°Cで幻覚・錯乱が起き、それより低下すると死亡する危険が高まる。ここまでは極当たり前のことだったが、冬眠する動物の体温の維持の仕方に特異性があり、人との差異は何か?に関心がある。
 人の場合、体を強制的に冷却して30℃以下に体温を下げると、体温調節機構が機能しなくなり自力で正常体温へ復温できなくなる。体温が20℃以下に低下すると心臓が停止し致命的な結果となる。しかし冬眠する動物は0℃近い低温で生命を維持し、冬眠終了時には体に何の損傷も無く復温する。冬眠動物に発達している褐色脂肪細胞における「非ふるえ産熱」に注目です。人でも赤ちゃんには褐色脂肪細胞があり、通常の白い脂肪を燃焼させて、熱を生み出すことが出来る。筋肉の発達に応じて褐色脂肪細胞は退化していく。ところが年寄りでもわずかに残った褐色脂肪細胞を活性化させることで、皮下脂肪を燃焼させたい!という試みに注目です。この褐色脂肪細胞を活性化させることが出来たら、基礎体温・平熱が上がり、免疫力が向上する。私の悩みの手先の冷え問題も解決できるのでは!?という関心事です。さらに調べながら取り組んでいきたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック