車運転免許更新の前に高齢者講習を受ける必要がある!緊張の体験でした。

 70歳以上の人は、車運転免許の更新の前に、高齢者講習を受講する必要がある旨の案内が着て、「すぐに予約をしてください。」に従い、市内の近い自動車教習所に電話予約した。昨日がその予約日で、朝8時半までに集合です。車の駐車場は無いので、車来場はダメと言われた。当日はあいにくの雨で、バス、そして歩きで余裕時間で到着。受講者8名。「視野・動体視力・夜間視力の測定」グループ4名と「車運転実技」グループ4名に分かれて各1時間の計2時間の受講でした。夜間視力検査は初めての体験で、「明るい場所から急に暗い所に入る想定で、見えるまでの時間計測です。タイムリミット1分」ほとんどの人はタイムオーバーでした。若い人なら5~10秒で見えるというが・・・本当!? 私は、時間内でボーっと見えだしたが、確実に見えるまでと待ったらタイムオーバーでした。タイムオーバーの人は夜間の車運転は控えた方が良いですね!というコメント。運転実技は、教習所のコースです。懐かしい!緊張しながらクランクや車庫入れなど狭いコース内をグルグル回る10分間でしたが、問題なくこなせてホットした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック