新型コロナワクチン接種がこんなに効くとは!?

 新型コロナワクチンの接種後の体の反応のスゴサに驚いた!今までのワクチンでこんなに体が反応した経験が無く、新型コロナウイルスが危険なウイルスであること!が理解できる。そこで個人的なワクチン接種時の反応の記録を残しておきたいと考えた。接種後の翌日(1日目)に起こった接種部肩の筋肉痛は、経験したことの無い痛さ!筋トレで起こる筋肉痛をはるかに超えている。腕を上げるのも筋肉が硬直していて動かせない!痛みもスゴイ! 五十肩痛の内部がビクッ!とくる激痛に対して、ワクチン接種筋肉痛は肩全体に重たい痛みが継続する。NHK情報では接種者95%で筋肉痛が起こった!と報じている。さらに2回目の接種の方がひどくなる!筋肉痛に加えて発熱(36.9~37.5度の微熱)も発生!接種時の反応は辛かったが、コロナに感染して重症化する症状に比べると軽微であり、ワクチン接種で予防効果が大いに期待できる。全国民の接種率が、集団免疫効果が期待できる60%を早く超えることを切望する。
新型コロナワクチン接種の副反応.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック