サクランボの植木の花が咲いた。我が家の桜の開花です。

 サクランボの植木(暖地という銘柄)は、2021年に苗木を購入してコガネムシ被害を乗り越えて、サクランボの実が収穫出来るまでに育っている。昨年に比べて今年は開花が非常に遅い。世間の桜(ソメイヨシノ)の開花情報と同じように遅く、28日に開花した。そして花数も少ない、なぜ?肥料の施しが足りていない!?落葉後の施肥を忘れていた!?反省です。
コメント:0

続きを読むread more

窓際の植物の光景です。アマリリスは花芽の気配が全く無い。

 アマリリスは休眠状態から水やりで元気に新芽を出して、3枚の葉が伸びた。しかし、花芽が出てくる様子が無い。昨年は購入して初めて花が咲いたのは5月だった。継続栽培は初めての経験なので、じっくり観察していきたい。リーフレタスの水耕栽培に、カイワレ大根の水耕栽培に、アボカドの水耕栽培も一緒に窓際です。
コメント:0

続きを読むread more

ツバキの花が咲いている。フェンスの外側で家の中からは分らなかった。

 ツバキ(今まで茶の木としていたが間違い:ツバキに訂正)は実生で育てたもので、ツバキと同じ中で綺麗な花が咲く。真っ赤な花が綺麗です。フェンスの外側に向かって咲いており、家の中からは全く見えないので、気付くのが遅れた。このツバキの花は例年春に咲く。
コメント:0

続きを読むread more

75歳の誕生日祝いを家庭料理で行った。

 75歳の誕生日(3月22日)を家で細やかに行った。若い時のような酒飲みは出来なくなり、好きな料理を食べて、酒は軽く飲むというパターンになって来た。食べる量も大幅に減り、軽い料理を好むようになるもたんぱく質しっかりの献立。今回はワイン(白)は能登ワインにした。
コメント:0

続きを読むread more

今日の家庭菜園の収穫です。エシャレット(ラッキョウの若採り)に絹さやエンドウ

 今のシーズンに毎日収穫しているのは、エシャレットに絹さやエンドウ、そして水耕栽培のリーフレタスとカイワレ大根です。家でその日に食べる分を採る。実にヘルシーで新鮮な野菜です。
コメント:0

続きを読むread more

ミカンを食べるメジロ(1羽)の隣にシジュウカラのエサ台(=ヒマワリの種)を移した。

 シジュウカラのエサ台は、最初は花壇の植木(オガタマ)に吊るしていた。食べに来るのは当初はシジュウカラだけであったが、次第にスズメが来るようになりフン害が発生。さらにスズメが多数集まり出しフン害も増えたので、エサ台の場所を家の窓際に移動させた。それでもスズメは機会をうかがうように多数が待機する始末。フェンスや隣の車へのフン害もヒドイので…
コメント:0

続きを読むread more